酵素ダイエットには、ドリンクタイプの酵素を使う方法もあれば、錠剤やカプセルになっている酵素を用いる方法などもあります。どちらの場合でも酵素が効率的に体内に摂取できればダイエット効果や減量効果が期待できるのですが、ドリンクタイプと比べてサプリタイプは、どんな特徴があるのでしょうか?

 

まず、錠剤やカプセル状になっているサプリは、ドリンクタイプと比べて味やニオイを気にすることなく飲みやすいというメリットがあります。酵素は熱に弱いため、非加熱製造することが必要不可欠。そのため、どうしても発酵食品特有の酸っぱいニオイなどがしてしまいます。そうした味やにおいに抵抗がある人にとっては、液体の酵素ドリンクは飲みづらいですし、飲むことが精神的なストレスになってしまうことも少なくありません。しかしサプリなら、水でサッと飲めるので、味やニオイが苦手な人でも安心して飲めそうですね。

 

また、サプリタイプは携帯しやすいというメリットもあります。液体タイプは自宅の冷蔵庫で保管する必要がありますが、サプリはパウチに入っていることが多いので、外出先でも旅行先でもさっと取り出して必要なときに必要な分だけ飲むことができます。毎日確実に続けたい人にとっては、液体タイプよりもサプリタイプが断然おすすめです!

 

さらに、サプリの中でもカプセルタイプは、酵素をたくさん残すことができる製造方法としても人気があります。酵素は40度程度の熱で簡単に破壊されてしまうという特徴がありますが、ドリンクタイプの製造過程においては、滅菌処理を行う必要があり、その際には80℃近くの温度の中を酵素が通ることになります。

 

そこで熱に弱い酵素たちは死滅してしまい、耐熱性のある酵素のみが残るという結果になります。しかしカプセルタイプのサプリなら、そうした製造過程を通ることがないので、たくさんの種類の酵素をたっぷり高濃度で摂取できるのです。サプリタイプの酵素には、たくさんのメリットがあることが分かりますね。

 

 

今人気の酵素ダイエット商品をアマゾンで探す!

 

酵素ドリンク当サイト人気ランキングを見る!