ニュージーランドのマリオ族が薬として使用しているマヌカ。その樹木から抽出した蜂蜜はマヌカハニーと呼ばれ、世界中で大きな健康効果や美容効果があることが認められています。マヌカハニーにはマヌカに含まれている作用がそのまま受け継がれているだけでなく、蜂蜜に含まれている殺菌作用があったり、たっぷり酵素を含んでいるため、日本ではこの成分を利用した健康食品も多く作られています。

 

マヌカハニーが持つ効果や効能は多岐にわたりますが、その中でも注目したいのは、胃酸にも負けず腸まで確実に有効成分が届き、悪玉菌を殺菌するとともに善玉菌の活動を活性化してくれるという働き。

 

ある実験では、薬物や抗生物質を使っても治らなかった胃腸疾患が、マヌカハニーを使ったら短期間のうちに完治したというデータもあるほどで、高い健康効果が期待できます。効果は大きくても、化学成分が入っているわけではないので、健康被害などのリスクの心配はありません。安心して体内に摂取できることは、やはり健康食品を選ぶ際には大切なポイントですね。

 

マヌカハニーには他にもたくさんの効果があります。例えば、虫歯予防や歯周病予防。蜂蜜というと、虫歯を治す成分ではなく、虫歯を引きおこる成分というイメージがありますが、マヌカハニーは一般的な蜂蜜の成分とは異なり、虫歯になりやすい成分が入っていません。

 

そのため、甘くても虫歯になりにくいのです。それだけではなく、この成分には抗菌作用があるため、口の中では虫歯の原因となる虫歯菌を殺菌してくれたり、繁殖しにくい口内環境を作ってくれます。虫歯や歯周病、口内炎など口の中の疾病は、毎日マヌカハニーを摂取していればかなり高い確率で予防することができます。日本でもこの作用を活用し、マヌカハニーが配合されている歯磨き粉などが販売されています。興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

マヌカハニーの効用にはその他にも、粘膜性の疾患の予防や症状軽減効果、ウィルスや細菌性疾患の予防などもあります。

 

マヌカハニーの詳細はこちら